診察

がんにかかってしまったら

がんの治療の一つに抗がん剤治療がありますが、それは様々な副作用を伴うとても苦痛なものです。初期症状は吐き気・嘔吐や下痢、食欲不振など消化系に関するものが多いですが、2週間以上経つと脱毛や手足の痺れ、出血など目に見える形でも表れ、精神的苦痛も伴います。

詳しく見る

後遺症について

女性患者

様々な後遺症を引き起こす

脳卒中とは脳血管障害とも言われるもので、脳の血管が詰まったり破れたりすることで、脳の神経細胞が障害され、局所的、または脳全体の機能が失われてしまう状態となる。このような病気には脳梗塞、脳出血、くも膜下出血が含まれ、脳卒中はこれらを総称したものである。脳梗塞は脳の血管が血栓によってつまり、脳に酸素が行き渡らなくなることで起こる。脳細胞が正常に機能するには、栄養も必要であるが、もっとも重要なものは酸素である。酸素が失われてしまうと、細胞は壊死してしまうため、壊死した細胞は局所的に機能を失われてしまう。脳梗塞の後遺症はいろいろなものがあるが、そのほとんどが日常生活に支障をきたしていまう。その中でもっとも重いと言われるのは、脳性麻痺、言語障害、そして認知症である。脳性麻痺とは、脳細胞や組織が脳梗塞によって障害を受けることで、体の神経機能が麻痺してしまう後遺症である。症状としては、体の片側だけが麻痺して動かなくなったり、少ししか動かせなくなる片麻痺や半身麻痺、細かい動作ができなくなったり、手足の動きのコントロールができなくなる運動機能低下、体の姿勢が崩れる姿勢障害などがある。脳梗塞によって運動麻痺が出現すると、当然ながら日常生活動作に支障をきたし、後遺症が重度であれば自宅生活に戻ることが困難となることもある。運動麻痺に対しては早期よりリハビリテーションを行い、できる限り後遺症を残さずに治療を受けることが重要である。

男女

夏に注意すべき病気

脳梗塞は脳の血管が破裂したり詰まることで脳に重大なダメージを起こす深刻な症状です。脳梗塞による後遺症で恐ろしいのは麻痺や嚥下障害・言語障害などが上げられます。冬だけでなく、猛暑の夏では水分補給をしっかり取り、体に麻痺やしびれ・ろれつが回らないなどの症状が起きた時はすぐに受診することが大切です。

詳しく見る

医師

癌と闘う方法

今ではたくさんの人が癌になる確率が高く、子供から高齢者まで増え続ける一方だ。癌治療において抗がん剤は必要な治療といえるが副作用とも闘わなければならない。吐き気や嘔吐を感じた時、副作用で髪が抜けてしまった時、家族や友人の周りの力や励ましが必要になるだろう

詳しく見る

男女

すぐに治療を受けよう

脳梗塞では麻痺が残ることが多く、それが誰にとっても不安材料と言えるでしょう。麻痺が残らないようにするためには早期に処置をすることが一番です。それには脳梗塞の症状にいち早く気づく必要があります。どんな症状が脳梗塞なのか、確認しておきましょう。

詳しく見る

医師

髪の毛が抜ける

抗がん剤の治療によって副作用が出ることがあります。代表的なものとしては髪の毛が抜けることが挙げられるでしょう。治療が終われば徐々に生えてきますが、女性には苦痛に感じられるものです。また、皮膚の色が変わることもあります。

詳しく見る

Copyright© 2018 脳梗塞の後遺症について【神経機能が麻痺してしまう後遺症】 All Rights Reserved.