髪の毛が抜ける

医師

皮膚の色が変わる

抗がん剤はがんの治療に有効的と言われる代表的なものです。しかし、副作用がいくつかあります。治療そのものよりも、副作用が辛いと訴える患者が多くなっています。痛みももちろんありますし、人によって程度は違うものの、途中で辞めたくなるという人はたくさん居るものです。特に代表的な抗がん剤の副作用といえば、髪の毛が抜けることが挙げられます。治療が終わればまた生えてきますが、女性の場合、とても困ることでしょう。急にバサバサと抜けて、最終的には坊主頭になってしまうのです。これがイヤでウィッグを使う女性が多くなっています。治療中はウィッグを使ったり、ニット帽をかぶったりしましょう。それから、抗がん剤の副作用の中でも皮膚の色が変わることを懸念する人もたくさん居ます。朝ドラで主役を務めたこともある有名女優は、まさにガン闘病中です。この抗がん剤治療によって手の色が真っ黒になってしまいました。その画像を自身のブログで公表しています。三度目のガン再発ということもあり、同じように闘病している人やもっとガンについて知ってもらいたいという理由から、自身のブログで発信しているのです。これまでいくら皮膚の色が変わると言っても、大したことはないだろうと思っていた人はたくさん居ることでしょう。このブログを見ると自身もおっしゃっているように、どろんこ遊びをしたような色味になっていることが分かります。こういった副作用が出ることもあるのです。

Copyright© 2018 脳梗塞の後遺症について【早期治療で脳梗塞の麻痺から逃れる】 All Rights Reserved.