癌と闘う方法

医師

化学療法について

日本人が癌になる確率。今では2人に1人が癌にかかり、そして3人に1人が癌によって亡くなっていると言われている。癌は我々が生きていく上で1番身近なそしてとても恐ろしい大きな病気と言っても過言ではない。癌というと誰しもが恐れる病気だと思うが癌は今、早期発見で治る病気と言われている。必要な治療の一つに化学療法とも言われる抗がん剤治療がある。抗がん剤は癌が増えるのを抑える役目や癌の成長を遅らせ、そして転移や再発を防ぐことができる。癌の知識が少ないはとても抗がん剤治療のワードを知っている人は多いだろう。しかし、抗がん剤は副作用が起きる場合がある。1番知られている副作用は、吐き気や嘔吐。これは脳の神経が刺激されて起こると言われているが、治療への不安から起きているとも言われている。しかし、この吐き気や嘔吐は担当医から制吐剤が処方されることが多くある。それでも嘔吐や吐き気が止まらない場合は担当医に相談する必要がある。その他にも言われている副作用は「髪が抜ける」ということだろう。この副作用は精神的な苦痛が多く起こるだろう。現在、癌治療を積極的に行なっている病院では院内に美容院が設置されていたりウィッグが販売されているところが多いので積極的に利用することを進めたい。その他にも、口内炎が多く起きることがあったり貧血やだるさをもたらす場合がある。そういった場合でも担当医や看護師に相談をし、注射の種類を変えたり回数を減らすなど、指示を仰いだ方が良いだろう

Copyright© 2018 脳梗塞の後遺症について【神経機能が麻痺してしまう後遺症】 All Rights Reserved.